ゆうわ会とは

法人概要

『谷間に光を 共に生きる』
『愛と 幸せと おもいやりと 平等と』

法人の基本理念を基に、利用者の尊厳と人間性を尊重し、一人ひとりのライフサイクル
(児童期・青年期・壮年期・高齢期)と特性を見つめ、心豊かに生きがいを持つ生活環境づくりや支援
に努め地域社会(社会・経済・文化・その他あらゆる分野)へ参加し、共に幸せを追求します。
我々は、ノーマライゼーション・インフォームドチョイス・インフォームドコンセント
コミュニティケア等の社会福祉の基本的な理念に基づいて、利用者の権利を保障します。

社会福祉法人ゆうわ会について

・社会福祉の基本的な理念について
・利用者の権利

理事長の想い

理事長 竹内 一

ゆうわ会が1966年の創立以来50年以上経ちましたが、100周年に向けて次の時代を創っていくのは今の若い職員だと思っています。
そのため、ゆうわ会では将来有望な人財を育成していくことに力を注いでいます。 その一例として、法人内の職員を対象として福祉の専門性を高めることを目的とした各種の法人研修を計画的に実施しています。
職員ひとり一人のスキルアップは、時代とともに変化する福祉情勢において必要不可欠なものであるとともに、法人の更なる発展につながるものと考えています。 業務において、困難な場面も多々ありますが、自ら考え、行動し、乗り越えていくスタッフとともに今日まで歩んで参りました。
ひとり一人の職員が働きやすい職場環境であることが、日々の保育や支援において園児・利用者様の満足度を高めることにもつながると考えています。

沿 革

 昭和41年2月1日 さくら保育園開園
昭和46年7月1日 知的障がい者入所授産施設ながさきワークビレッジ開設
昭和48年4月1日 みはら保育園開園
昭和54年4月1日 にしやま保育園開園
昭和58年11月1日 知的障がい者入所更生施設サンビレッジ開設
平成3年4月1日 知的障がい者通勤寮ウイング開設
平成8年4月1日 デイサービスセンターすずらん開設
平成9年10月1日 グループホーム(わかぎ)開設
平成11年4月1日 社会福祉法人ゆうわ会へ法人名称変更
平成12年5月1日 デイサービスセンターウインド開設
平成14年4月1日 グループホーム(第2わかぎ)開設
平成15年4月1日 ホームヘルプ サン(ホームヘルプ事業)開設
平成15年4月1日 グループホーム(わかたけ)開設
平成15年4月1日 職場適応援助者事業(ジョブコーチ)開始
平成16年4月1日 グループホーム(第2わかたけ)開設
平成17年4月15日 知的障がい者通所授産施設ワークショップあさひ開設
平成17年9月1日 グループホーム(わかば)開設
平成18年10月1日 デイサービスセンターすずらんを生活介護事業所すずらんへ移行
平成18年10月1日 デイサービスセンターウインドを多機能型事業所ウインドへ移行
平成19年11月28日 あいショップ(ゆうわ会販売所)オープン
平成20年4月1日 障害者就業・生活支援センターながさき開所
平成21年4月20日 ワ-クショップあさひ多機能型に移行
※就労継続支援A型、就労移行支援、就労継続支援B型、生活介護
平成22年2月1日 グループホーム(第2わかたけ)開設
グループホーム・ケアホーム6ヶ所をわかぎホーム、わかばホーム2ヶ所に再編

苦情の解決

社会福祉法人ゆうわ会は、利用者の皆様から寄せられた苦情について、適切な対応によりその解決にあたります。
苦情及びその解決については、個人情報に関するものや申込者が拒否した
場合を除き、当ホームページに公表し施設・保育園の改善に努めます。

苦情解決の結果

年月日 施設名 苦情内容 解決結果
H30年
2月14日
みはら保育園
苦情内容:苦情箱への投書による要望(匿名)
病院で1日3回の薬を処方された場合、勤務の都合などで昼の薬を飲ませることが難しい。昼の薬を保育園で預かり飲ませてもらいたい。
解決結果:
  • 園だよりで、要望内容および解決策(下記のとおり)について全世帯に知らせた。
  • 入所時の面接でも説明した通り、当園は看護師が在籍しておらず、投薬の人数が増えれば個別の対応も難しくなることが予測されるため、今後も内服薬の預かりは行わない。
  • 保護者が1日の投薬回数の変更等について、かかりつけの病院に相談する。
H29年
2月10日
みはら保育園
苦情内容:0才児母親からの苦情
熱が高いと連絡を受け迎えに行くが、自宅に戻ると平熱であることが多い。 現在の職場は早退願いを言いづらく、病児保育も 38℃台の熱がないと利用できない。
解決結果:
  • 園長が申し出人と直接話をした。
  • 短期間の間に発熱を繰り返しており、園でもすぐには連絡を入れずに一般状態やしばらく様子を見ている事、発熱を繰り返すことが多いので詳しく原因を調べる必要があるのではないか等母親に伝える。
  • 担任に今後体調を崩した場合の対応を保護者と再度話し合うよう助言し、職員会議で全職員に周知した。
H28年
7月12日
さくら保育園
苦情内容:近隣マンション住人の電話による苦情
和太鼓の音がうるさい。仕事が遅く、朝は遅くで寝ているので時間を遅くしてほしい。
解決結果:
  • 園長が電話で謝罪をした。
  • 和太鼓の練習は10時からとし、今以上に玄関や廊下の窓を閉め、防音に配慮する。
  • 全職員に周知し、会議で再確認した。
H28年
6月3日
さくら保育園
苦情内容:1才児母親からの苦情
降園後、右肘が赤く腫れていたのに、何の処置もなく、伝達もなかった。
中国人と思って無視差別しているのではないか。子どもの様子をよく見てほしい。
解決結果:
  • 主任・園長が謝罪したが、理解を得られず退所となった。
  • 市役所へ苦情内容を報告し、職員間で怪我をしたときの保護者への対応等再確認した。
H28年
5月17日
みはら保育園
苦情内容:近隣学校からの要望
仮設園舎の出入口は生徒も通るので、登校時間帯に送迎を行う保護者は生徒に十分注意して運転してほしい。
解決結果:
  • 翌日より職員が出入口に立ち送迎車両に注意を促した。
  • 各クラス担任より車で送迎している世帯に対し、個別に注意を促した。
  • 文書で、全保護者に注意して運転するようお願いをした。

苦情内容:苦情箱への投書による要望(匿名)
病院で1日3回の薬を処方された場合、勤務の都合などで昼の薬を飲ませることが難しい。昼の薬を保育園で預かり飲ませてもらいたい。

解決結果:
・園だよりで、要望内容および解決策(下記のとおり)について全世帯に知らせた。
・入所時の面接でも説明した通り、当園は看護師が在籍しておらず、投薬の人数が増えれば個別の対応も難しくなることが予測されるため、今後も内服薬の預かりは行わない。
・保護者が1日の投薬回数の変更等について、かかりつけの病院に相談する。

苦情内容:0才児母親からの苦情
熱が高いと連絡を受け迎えに行くが、自宅に戻ると平熱であることが多い。
現在の職場は早退願いを言いづらく、病児保育も38℃台の熱がないと利用できない。

解決結果:
・園長が申し出人と直接話をした。
・短期間の間に発熱を繰り返しており、園でもすぐには連絡を入れずに一般状態やしばらく様子を見ている事、発熱を繰り返すことが多いので詳しく原因を調べる必要があるのではないか等母親に伝える。
・担任に今後体調を崩した場合の対応を保護者と再度話し合うよう助言し、職員会議で全職員に周知した。

苦情内容:近隣マンション住人の電話による苦情
和太鼓の音がうるさい。仕事が遅く、朝は遅くで寝ているので時間を遅くしてほしい。

解決結果:
・園長が電話で謝罪をした。
・和太鼓の練習は10時からとし、今以上に玄関や廊下の窓を閉め、防音に配慮する。
・全職員に周知し、会議で再確認した。

苦情内容:1才児母親からの苦情
降園後、右肘が赤く腫れていたのに、何の処置もなく、伝達もなかった。
中国人と思って無視差別しているのではないか。子どもの様子をよく見てほしい。

解決結果:
・主任・園長が謝罪したが、理解を得られず退所となった。
・市役所へ苦情内容を報告し、職員間で怪我をしたときの保護者への対応等再確認した。

苦情内容:近隣学校からの要望
仮設園舎の出入口は生徒も通るので、登校時間帯に送迎を行う保護者は生徒に十分注意して運転してほしい。

解決結果:
・翌日より職員が出入口に立ち送迎車両に注意を促した。
・各クラス担任より車で送迎している世帯に対し、個別に注意を促した。
・文書で、全保護者に注意して運転するようお願いをした。

決算報告

決算書類及び現況報告書については、「社会福祉法人の財務諸表等電子開示システム」にて公開

処遇改善

アクセス