ゆうわ会とは

法人概要

『谷間に光を 共に生きる』
『愛と 幸せと おもいやりと 平等と』

法人の基本理念を基に、利用者の尊厳と人間性を尊重し、一人ひとりのライフサイクル
(児童期・青年期・壮年期・高齢期)と特性を見つめ、心豊かに生きがいを持つ生活環境づくりや支援
に努め地域社会(社会・経済・文化・その他あらゆる分野)へ参加し、共に幸せを追求します。
我々は、ノーマライゼーション・インフォームドチョイス・インフォームドコンセント
コミュニティケア等の社会福祉の基本的な理念に基づいて、利用者の権利を保障します。

社会福祉法人ゆうわ会について

・社会福祉の基本的な理念について
・利用者の権利

理事長の想い

理事長 竹内 一

ゆうわ会が1966年の創立以来50年以上経ちましたが、100周年に向けて次の時代を創っていくのは今の若い職員だと思っています。
そのため、ゆうわ会では将来有望な人財を育成していくことに力を注いでいます。 その一例として、法人内の職員を対象として福祉の専門性を高めることを目的とした各種の法人研修を計画的に実施しています。
職員ひとり一人のスキルアップは、時代とともに変化する福祉情勢において必要不可欠なものであるとともに、法人の更なる発展につながるものと考えています。 業務において、困難な場面も多々ありますが、自ら考え、行動し、乗り越えていくスタッフとともに今日まで歩んで参りました。
ひとり一人の職員が働きやすい職場環境であることが、日々の保育や支援において園児・利用者様の満足度を高めることにもつながると考えています。

沿 革

 昭和41年2月1日 さくら保育園開園
昭和46年7月1日 知的障がい者入所授産施設ながさきワークビレッジ開設
昭和48年4月1日 みはら保育園開園
昭和54年4月1日 にしやま保育園開園
昭和58年11月1日 知的障がい者入所更生施設サンビレッジ開設
平成3年4月1日 知的障がい者通勤寮ウイング開設
平成8年4月1日 デイサービスセンターすずらん開設
平成9年10月1日 グループホーム(わかぎ)開設
平成11年4月1日 社会福祉法人ゆうわ会へ法人名称変更
平成12年5月1日 デイサービスセンターウインド開設
平成14年4月1日 グループホーム(第2わかぎ)開設
平成15年4月1日 ホームヘルプ サン(ホームヘルプ事業)開設
平成15年4月1日 グループホーム(わかたけ)開設
平成15年4月1日 職場適応援助者事業(ジョブコーチ)開始
平成16年4月1日 グループホーム(第2わかたけ)開設
平成17年4月15日 知的障がい者通所授産施設ワークショップあさひ開設
平成17年9月1日 グループホーム(わかば)開設
平成18年10月1日 デイサービスセンターすずらんを生活介護事業所すずらんへ移行
平成18年10月1日 デイサービスセンターウインドを多機能型事業所ウインドへ移行
平成19年11月28日 あいショップ(ゆうわ会販売所)オープン
平成20年4月1日 障害者就業・生活支援センターながさき開所
平成21年4月20日 ワ-クショップあさひ多機能型に移行
※就労継続支援A型、就労移行支援、就労継続支援B型、生活介護
平成22年2月1日 グループホーム(第2わかたけ)開設
グループホーム・ケアホーム6ヶ所をわかぎホーム、わかばホーム2ヶ所に再編

苦情の解決

社会福祉法人ゆうわ会は、利用者の皆様から寄せられた苦情について、適切な対応によりその解決にあたります。
苦情及びその解決については、個人情報に関するものや申込者が拒否した
場合を除き、当ホームページに公表し施設・保育園の改善に努めます。

苦情解決の結果

年月日 施設名 苦情内容 解決結果
R2年
3月6日
さくら保育園
近隣住人からの電話による苦情
・保護者の利用したタクシーが近隣マンションの敷地内で方向転換し、住人(相談者)の車とぶつかりそうになった。
・園の駐車場で方向転換してほしい。
解決結果:
  • 掲示板に張り紙をし、園の駐車場内での車の方向転換をお願いした。
  • タクシー利用の保護者には、直接話をし、タクシー会社にも連絡しお願いした。
R元年
8月22日
みはら保育園
長崎市幼児課へ保護者(匿名)からの問い合わせ
・園の職員より、今年度の市の監査で緊急性のある薬以外を預からないようにとの指導を受けたと聞いたが、市では本当にその様な指導をしたのか。
解決結果:
  • 園長が担当保育士に確認にした上で、市に連絡し、服用期間内の確認を行うため、長期の預かりはできないことと、継続して薬の使用が必要な場合は、再受診し再度依頼書を提出していただくよう監査で指摘されたことを保護者に伝えたことを報告した。
  • 全職員に周知し、園での対応について再確認した。
  • 薬の取り扱いについての手紙を保護者に配布した。
R元年
6月11日
さくら保育園
2才児保護者の来園による苦情
・入所初日のお迎え時に、保育士から園での様子や顔に傷があったにも関わらず伝えがなく、用品の説明ばかりして不愉快だった。
解決結果:
  • 園長が直接母親と話をし、職員の配慮不足について謝罪した。
  • 職員会議において保護者への言葉かけや伝え方について気を付けること、特に初日は安心してもらうように話をすることなど確認した。
H31年
4月20日
もとお保育園
近所にあいさつに出向いた時の近隣住人からの苦情
・保育園の桜の花びらが散って雨でぬれると転びそうになることがある。
 今まで、自分たちで掃除をしてきたが、年をとってきて大変になってきたので気がけて掃除をしてほしい。
解決結果:
  • 月2回、朝から職員で園周辺の掃除を行う。
  • 桜の時期は毎日朝夕行う。
  • 園庭から道路に張り出している桜の木を業者に切ってもらう
H30年
11月17日
さくら保育園
近隣住人による匿名の苦情
・駐車していた車に傷がついていた。子どもがしたのではないか、管理をきちんとしてほしい。
 保護者の車が、月極の所に駐車してることもあるので注意してほしい。
解決結果:
  • 猫による車の傷被害が、保護者の車等出ていることも伝えたが、認められなかった。
  • 防犯カメラを確認したが、子どもが傷をつける行為は見られなかった。
  • 職員会議で職員に周知し、子どもにもは他人の車を触らないよう話をした。
  • 園長が保護者の車でご迷惑をかけたことに対しお詫びをした。
  • 外掲示や園便りで、保護者に周知し、アパート下には駐車しないようお願いした。
H30年
11月1日
さくら保育園
保護者による職員対応に関する苦情
・お迎えの時、担任でもないのに、小さい子に手が出ていると無表情に言われ怒られているようで、不快だった。保護者に寄り添った言葉かけをしてほしい。
解決結果:
  • 園長が申出人と話をし、職員の配慮のない対応について謝罪した。
  • 苦情を受けた職員に対して個別に注意を促し、また全職員にも周知し再発防止に努めた。
H30年
4月9日
みはら保育園
地域交通指導員よりの苦情
・子どもを連れた保護者が車道を渡って登園していた。とても危険な行為なので、横断歩道を渡るよう注意してもらいたい。
解決結果:
  • 園長が申出人と直接話をした。
  • 園長が車道を横断した保護者に交通指導員より注意を受けたことを伝え、横断歩道を渡って登園するようお願いした。
  • 全職員に周知し、全園児にも必ず横断歩道を渡るように話をした。

苦情内容:近隣住人からの電話による苦情
・保護者の利用したタクシーが近隣マンションの敷地内で方向転換し、住人(相談者)の車とぶつかりそうになった。

・園の駐車場で方向転換してほしい。

解決結果:
・掲示板に張り紙をし、園の駐車場内での車の方向転換をお願いした。

・タクシー利用の保護者には、直接話をし、タクシー会社にも連絡しお願いした。

長崎市幼児課へ保護者(匿名)からの問い合わせ

・園の職員より、今年度の市の監査で緊急性のある薬以外を預からないようにとの指導を受けたと聞いたが、市では本当にその様な指導をしたのか。

 

解決結果:
・園長が担当保育士に確認にした上で、市に連絡し、服用期間内の確認を行うため、長期の預かりはできないことと、継続して薬の使用が必要な場合は、再受診し再度依頼書を提出していただくよう監査で指摘されたことを保護者に伝えたことを報告した。

・全職員に周知し、園での対応について再確認した。

・薬の取り扱いについての手紙を保護者に配布した。

2才児保護者の来園による苦情
・入所初日のお迎え時に、保育士から園での様子や顔に傷があったにも関わらず伝えがなく、用品の説明ばかりして不愉快だった。

解決結果:
・園長が直接母親と話をし、職員の配慮不足について謝罪した。

・職員会議において保護者への言葉かけや伝え方について気を付けること、特に初日は安心してもらうように話をすることなど確認した。

近所にあいさつに出向いた時の近隣住人からの苦情(匿名)

 保育園の桜の花びらが散って雨でぬれると転びそうになることがある。今まで、自分たちで掃除をしてきたが、年をとってきて大変になってきたので気がけて掃除をしてほしい。

解決結果:
・月2回、朝から職員で園周辺の掃除を行う。

・桜の時期は毎日朝夕行う。

・園庭から道路に張り出している桜の木を業者に切ってもらう。

近隣住人による匿名の苦情

 駐車していた車に傷がついていた。子どもがしたのではないか、管理をきちんとしてほしい。

 保護者の車が、月極の所に駐車してることもあるので注意してほしい。

解決結果:
・猫による車の傷被害が、保護者の車等出ていることも伝えたが、認められなかった。

・防犯カメラを確認したが、子どもが傷をつける行為は見られなかった。

・職員会議で職員に周知し、子どもにもは他人の車を触らないよう話をした。

・園長が保護者の車でご迷惑をかけたことに対しお詫びをした。

・外掲示や園便りで、保護者に周知し、アパート下には駐車しないようお願いした。

保護者による職員対応に関する苦情

 お迎えの時、担任でもないのに、小さい子に手が出ていると無表情に言われ怒られているようで、不快だった。保護者に寄り添った言葉かけをしてほしい。

解決結果:
・園長が申出人と話をし、職員の配慮のない対応について謝罪した。

・苦情を受けた職員に対して個別に注意を促し、また全職員にも周知し再発防止に努めた。

地域交通指導員よりの苦情

 子どもを連れた保護者が車道を渡って登園していた。とても危険な行為なので、横断歩道を渡るよう注意してもらいたい。

解決結果:
・園長が申出人と直接話をした。

・園長が車道を横断した保護者に交通指導員より注意を受けたことを伝え、横断歩道を渡って登園するようお願いした。

・全職員に周知し、全園児にも必ず横断歩道を渡るように話をした。

決算報告

決算書類及び現況報告書については、「社会福祉法人の財務諸表等電子開示システム」にて公開

処遇改善

アクセス